までい

心をこめて 丁寧に

35歳を振り返る。

35歳は育休にどっぷりつかった。一番大きな決断は、8月にアメリカにいってホストファミリーにあったことだった。0歳はその後熱を出して、無理をさせちゃってごめんねと思ったけれど、やっぱりいってよかったと思う。ホストファミリーももうすぐ60歳。会いたいときにあっておかないとなと思った。

10月からは公園通いが始まった。今まで公園は夫が土日に連れて行くところになっていて、私はあまりいったことがなかったことに気が付いた。公園でよく会う友だちができ、親御さんとも話すようになって、子どもたちも私自身もつきあう人の幅が広がった。

11月には秋田の友人のところへ。数年ぶりにあった。年賀状のやりとりしかしてなくて、手紙で会いたいですと書いて再会にすることができた。

3月はずっと行きたかった伊勢神宮と小笠原へいった。

育休中は時間がたっぷりあるようであっという間に一日がすぎたけれど、ずっとやりたいと思っていた大きなことはできた気がする。

4月に仕事を復帰した。それまで、太陽に沿った生活から、時計に合わせた生活になった。一年以上も仕事していなかったのに、意外とすぐ慣れた。あまりにPCを使わない生活が長くて、仕事の初日はすごく目が疲れた。PCを使った生活って、体に負担をかけているんだなと気づいた。

家族4人で過ごす時間が一番大事で、なるべく長くそんな時間を過ごせたらいいなと思っている。別に4人だけじゃなくて、4人プラス友人知人と一緒でいいのだけど、夫が休みの時はなるべく家族でいられるようにしたいなと感じている。

あとは、後半スピリチュアルにはまった。もともと小学生の時占いが好きだったけど、最近はめっきりそういう本にはときめかなくなっていたのだが、3月ぐらいまでは、天体の動きとかすごく気にするようになった。子どもと一緒に帰るときに月を見るようになったことも大きいかもしれない。そしてまた落ち着いた。

朝食が、ピザパン、焼きみそおにぎり、フルーツのヨーグルトがけに落ち着いた。

 

台北子連れ旅行@3歳&1歳

今年のGWは台北へ。ノープランで行った初台北。台北の方々は子どもが大好きみたいで、たくさんあやしてもらい、子連れには本当にありがたかった。

1日目 成田→桃園

2日目 大安森林公園→小虎cafe→龍山寺

3日目 台北駅→平渓→MRTshop→夜市

4日目 桃園→成田

3泊4日だけれど、1日目、4日目は移動だけなので、実質2日間。

子どもたちと一緒に食い倒れ。子どもが食べられるものもたくさんあって、子連れにおすすめと言われる理由に納得。

【感じていること】暮らすこと

早未恵理さんのブログで紹介されていた文章。

http://recruit.combiwith.co.jp/nursry/senpai/message06.html

何度でも読んで、子どもを育てることについて考えたい。

【感じていること】ひとは食べものでつくられる。

子どもを育てていると、身体は食べ物でつくられ育っていくのだなとつくづく感じます。生命力あふれる元気な食材でおいしい料理をつくること、大人がしてあげられることってそんなにない、だからこそ大切にしたい。料理は苦手ですが、心は込められる。こころをこめて、今日もつくろう。

【感じていること】家族を育む

最近、家族って育まれるものだなぁと感じています。赤ちゃんを世話することを通じて、お兄ちゃんはお兄ちゃんらしく育っている。夫やわたしも結婚して夫や妻として育ち、子供が生まれて父親や母親として育っている最中なのかもしれません。両親も祖父母として赤ちゃんの世話を通じて育まれている。子どもたちは大人の思い通りにはいかないけれど、振り回されながらも成長していく姿を共有すること、それは喜びなんだなぁとつくづく思います。

これからも、この家族を育んでいきたいな。それは自分自身を育てていくことも含めて。この気持ちを大切にしたいなぁ。

あいうえたいそう

 えがとってもかわいいです。

あいうえたいそう

あいうえたいそう

 

 息子はこの本でひらがなに興味をもちました。

お口の体操になります。

ごきげんななめのてんとうむし

 ごきげんななめのてんとうむしが一日けんかあいてをさがします。

ごきげんななめのてんとうむし

ごきげんななめのてんとうむし

 

 ページの右端に時計が載っていて、時計の読み方の勉強にもなります。

エリックカールって、本当に凝っていますね。