読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

までい

心をこめて 丁寧に

しどうほうがく

親にとっても初めての狂言でした。

 

狂言えほん しどうほうがく (講談社の創作絵本)

狂言えほん しどうほうがく (講談社の創作絵本)

 

 2歳の息子が自分で選んだのですが、それなりにお話のボリュームがあるけれど、飽きずに何度も繰り返して読んでいます。「しずまりたまえ」といえば、「しどうほうがくー!」と元気に続ける息子。絵も面白いようで、細かいところまでよく見ています。

ほかの狂言えほんも気になります。